外注で印刷を依頼する際に知っておきたいこと|ユニバーサルデザインや高品質バリアブル印刷は長英にお任せください

電話はこちらから
メールはこちら
CSR
グリーンプリンティング
JPPS
MUD

トップページ > 外注で印刷を依頼する際に知っておきたいこと

外注で印刷を依頼する際に知っておきたいこと

印刷は、文字や画像を版にしてそれをインキで紙に転写させます。
企業や家庭など、様々な場面で印刷が必要とされていますが、
印刷と一言で言ってもデジタル印刷やオフセット印刷、フレキソ印刷、グラビア印刷など、様々な種類があるのです。
印刷を依頼する際には、それぞれの特徴について知っておきましょう。
どのような目的で印刷をしたいのかによっても、適した印刷方法は異なります。
適切な印刷について知ることで、コストを抑えた発注をすることができるのではないでしょうか。
小ロットで印刷することも可能となっているため、以前に比べてより外注で印刷の依頼がしやすくなりました。
印刷部数や質、予算、納期によっても選ぶ印刷は変わるため、判断することが大切です。

印刷を頼むときにはオンデマインド印刷かオフセット印刷かを聞かれるときがあります。それぞれの違いを知って、適切な印刷方法で依頼しましょう。印刷機の違いや仕上がりの違いがあります。

・・・つづきはこちら

家庭での印刷や企業での印刷で、外注するデジタル印刷のメリットがあります。デジタル印刷の普及によって、少量印刷でも外注することが可能になりました。最適な印刷方法を選択しましょう。

・・・つづきはこちら

印刷業界における特色は、一般的な意味とは異なります。コーポレートカラーは安定性が求められるため、インキの配合を行うのではなく、コーポレートカラーを特色インキとしてストックします。

・・・つづきはこちら

チラシを作成する際に、自社で印刷を行うことも少なくありませんが、外注印刷を利用するのも一つの手段です。外注印刷を賢く利用する様々な方法について知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

印刷物を外注する際の一つにグラビア印刷という方法があります。写真などの画像を再現性高く印刷できる方法の為、生産業業界で大量印刷を考えている人は参考にしてみてください。

・・・つづきはこちら

印刷物を外注する際、掛かる期間はどのくらいなのでしょうか。デザインを依頼するか、印刷のみにするかで大まかな期間が変わってきますので、しっかりと把握しておきましょう。

・・・つづきはこちら

色の3原色には色光と色料の2種類があります。色光はモニターやテレビなどの混色です。色光は印刷に使用するインキや、カラープリンタのトナー、インクに使われるのが一般的です。

・・・つづきはこちら

様々な印刷物があり、日常生活の中で欠かせない存在ですが、それらを作り出すためには印刷方式や印刷設備の知識が必要になります。また、印刷とプリントの違いについても知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

印刷会社を選ぶときに大切なことは、最適な対応をしてくれるかです。最も分かりやすい基準となるのが自社工場を有しているかであり、急なトラブルにも迅速に対応してくれます。

・・・つづきはこちら

冊子印刷を作成するときには、綴じ方に合わせるのが基本となります。綴じ方は複数あり、それぞれ一長一短あります。特徴を知って冊子の種類に合わせて綴じ方を選ぶようにしましょう。

・・・つづきはこちら

冊子印刷の費用相場は20ページの冊子印刷を100部ほど行う場合、3万円程度です。部数が多くなれば費用が安くなることもあります。費用と品質のバランスを考えましょう。

・・・つづきはこちら

印刷物が大量の部数であるとき、個人で印刷することができないため外注印刷を依頼することも少なくありません。印刷物を外注するときに注意したいポイントを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

印刷方式には様々な種類があります。印刷方式の種類とそれぞれの特徴の違いを知った上で、印刷物に適切な種類を選びましょう。機械を使って印刷する場合、9つの種類があります。

・・・つづきはこちら

小ロット印刷のメリットは、早急に印刷ができたり、定期的にデザインを変えての印刷に適していることが挙げられます。また、オンデマンド印刷を用いると低コストで印刷することも可能です。

・・・つづきはこちら

外注印刷の際にPDFファイルのサイズが大きくなってしまうことがあります。オンライン変換ツールを使ってファイルサイズを軽くするのがひとつの方法です。PDFの最適化を図れるツールも注目点です。

・・・つづきはこちら

RGBとCMYKの違いによって印刷物の色は異なります。確実に求めている色に仕上げるためには専門業者に依頼するのがよいでしょう。色味にこだわる商品の場合は特に重要になります。

・・・つづきはこちら

外注印刷をする際にデザインの作成に迷うこともあるでしょう。初めての場合、どこまで依頼するべきか、どんな分野を任せられるのかなどわからないため、ポイントを知っておくことが大切です。

・・・つづきはこちら

外注印刷は失敗しないと思っている人もいるはずです。プロに任せれば安心できるイメージがありますが、想像していた仕上がりと異なるケースがあるため、データの基本を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

メディアユニバーサルデザインは印刷業界で注目されているメディアで、全ての人に正しく情報を伝えるために色や線に工夫をしています。必要性を理解し、取り入れてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

印刷物を作成する時は環境に配慮した技術を活用しましょう。ケミカルレスCTPプレートを使うと、廃液処理をするときに二酸化炭素の排出を削減できたり、他にも様々な方法があります。

・・・つづきはこちら

印刷物にメディアユニバーサルデザインが必要なのは、高齢者や子供、視覚障害者、外国人など情報を得る際にハンディキャップを持った人への配慮を含めた心遣いといった理由が挙げられます。

・・・つづきはこちら

フルデジタル化は印刷物を作る上でも知っておきたい言葉の一つです。最新の技術を活用すると高精度な印刷用データを作成することができたりと、新しい価値を生み出すことが可能です。

・・・つづきはこちら

プリントを業者にお願いする際、担当者がいないネット印刷は少し不安だと思っている人も多いのではないでしょうか。メリット、デメリットを知り、上手に活用することが大切です。

・・・つづきはこちら

印刷物を制作する際は紙質にもこだわるでしょう。様々な種類があり、デザインや用途によって適切なものが異なります。選び方に迷うことがありますが業者に相談しながら決めると失敗しません。

・・・つづきはこちら

最短で印刷を発注したい時もあるでしょう。その時はデジタルデータを直接プリントできるオンデマンド印刷がおすすめです。1枚からプリントすることができ、小ロットでの発注にも対応できます。

・・・つづきはこちら

印刷発注する際、専門用語を交えてやりとりをすることがありますが、知らなければ仕上がりがイメージとは異なる場合があります。発注時によく使われる専門用語を知った上でやりとりしましょう。

・・・つづきはこちら