印刷における特色とは|ユニバーサルデザインや高品質バリアブル印刷は長英にお任せください

電話はこちらから
メールはこちら
CSR
グリーンプリンティング
JPPS
MUD

トップページ > 外注で印刷を依頼する際に知っておきたいこと > 印刷における特色とは

印刷における特色とは

印刷業界における特色とは 印刷業界における特色とは

特色という言葉は、様々な場面で使われていますが、印刷業界における特色とは、一般的に使用される意味の、他と違って優れていることを表す意味とは少し異なる意味を持っています。
印刷業界における特色を知る前に、色の表現について知っておきましょう。
オフセット印刷では、4色のインキで表現します。
イエロー、マゼンタ、シアン、ブラックがその4色です。
イエロー、マゼンタ、シアンを配合すると、すべての色をつくることができ、ブラックはこの3色をフォローする色となります。
たとえば、写真のコントラストを高めたり、文字を鮮明にしたり、表現範囲の拡大と発色を補正するために使うのが一般的です。
印刷業界における特色については、特別な色と、補色の意味を持っています。
特別な色とは、イエロー、マゼンタ、シアン、ブラックの配合では出せない色のことです。
ゴールドやシルバー、蛍光色が特色インキを使用しなければ表現できません。
また、コーポレートカラーも安定性が求められる色であるため、印刷をするたびにインキの配合を行うのではなく、コーポレートカラーを特色インキとしてストックします。

特色による補色について 特色による補色について

特色による補色とは、色の再現性を高めるための技法です。
肌の色をリアルに再現する場合や、海の色をより美しい青色で表現する場合には、特色インキで色を補います。
イエロー、マゼンタ、シアン、ブラックの4色に特色をプラスした5色のインキを使って印刷することで、奥行きのある色が表現できるのです。
4色の配合でも色をつくることができますが、色に濁りがでることや、文字や線などが薄くなるなどのトラブルが発生することがあります。
印刷をする場合は、特色をうまく活用して印刷物を作成してみてはいかがでしょうか。
お店のフライヤーやショップカードなどには、蛍光色が使われることや、ゴールドやシルバーを上品にあしらったデザインなど、特色インキを使用した印刷物はとても多いです。
世界にひとつだけの自分だけの色をつくることもできます。
自社の独自性を追求したいときなどにコーポレートカラーとして特色をつかってみてください。
長英の印刷物はメディアユニバーサルデザイン仕様ですので、色弱や高齢者の方からでも認識しやすい印刷物を作ります。
お気軽にお問合わせください。