外注するグラビア印刷の特徴とは|ユニバーサルデザインや高品質バリアブル印刷は長英にお任せください

電話はこちらから
メールはこちら
CSR
グリーンプリンティング
JPPS
MUD

トップページ > 外注で印刷を依頼する際に知っておきたいこと > 外注するグラビア印刷の特徴とは

外注するグラビア印刷の特徴とは

グラビア印刷ってなに? グラビア印刷ってなに?

印刷を外注する際の印刷方法の一つとして、グラビア印刷があります。
凹版印刷の一種であるグラビア印刷は生産業業界に最も浸透している印刷方式で、様々なシーンで使われています。
例えば、食品包装用フィルムやビニールの印刷、美術書や写真集、壁紙、家具などの建材用木目印刷、薄紙、紙カップ、たばこといった紙への印刷、金属箔など、さまざまなシュチュエーションで使われている印刷技術です。
グラビア印刷機は一色ごとに一つの印刷ユニットを持っており、印刷物のイメージに必要な数だけ使われることになります。
シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの四原色だけではなく、金、銀、パール、マット調などの特色といわれる色が使用されます。
また、軟包装印刷の場合、媒体が透明フィルムの為、必要に応じてホワイトインキが使用されます。
グラビア印刷方式では、凸版印刷とは反対に、凹型のくぼんでいる版面を使います。
くぼみにインキが入って、それを紙に押し付けて移していきます。
印刷の濃淡はくぼみとくぼみの幅の密度や、インキの厚みで調整するので、写真などの階調を持った画像の再現性を高めることが出来ます。

グラビア印刷の特徴 グラビア印刷の特徴

前述の通り、グラビア印刷は生産業において様々なシーンで使われる印刷技術です。
その理由はグラビア印刷による仕上がりの特徴にあります。
グラビア印刷を用いることによって、微細な濃淡が表現できるため、その他の印刷方法に比べて写真などの画像を再現性高く印刷できるのが最大の特徴です。
また、印刷用のシリンダは、クロムメッキ処理を行うことで、耐久性が高く、印刷速度も速いことから、大量部数の印刷にも適しています。
このように、写真をプリントするケースが多く、同一の製品を大量に生産するという面から、グラビア印刷は生産業において相性の良い印刷方法といえるのです。
長英でももちろんグラビア印刷を行っております。長英の印刷物はメディアユニバーサルデザイン使用ですので、色弱や高齢者の方でも認識のしやすい印刷物を作っています。
お気軽にお問い合わせください。