外注印刷を依頼する際の注意点|ユニバーサルデザインや高品質バリアブル印刷は長英にお任せください

電話はこちらから
メールはこちら
CSR
グリーンプリンティング
JPPS
MUD

トップページ > 外注で印刷を依頼する際に知っておきたいこと > 外注印刷を依頼する際の注意点

外注印刷を依頼する際の注意点

デザイン会社と印刷業者 デザイン会社と印刷業者

チラシやパンフレットなどを様々な印刷物がありますが、大量の部数があるときは個人で印刷することができないため、外注印刷を依頼することも少なくありません。
印刷物を外注するときに注意したいポイントがあります。
その一つは、業者選びです。
デザイン会社と印刷業者がありますが、それぞれ特徴がことなります。
デザイン会社は、デザイナーと頻繁にやり取りを行うためイメージした通りに印刷物を作りやすいです。
しかし、価格が高く、納期が遅いため注意しなければなりません。
一方、印刷業者はデザインと印刷を一括して対応してもらえるのが特徴です。
また、価格はデザイン会社よりも3、4割ほど安い傾向にあり、費用を抑えて納期を短くすることもできます。
印刷を考慮してデザインを作成することができるため、印刷用紙などの特性は知らないけど特殊加工や特殊用紙を使って印刷物を作成したいという場合は印刷業者がおすすめです。

注意点について 注意点について

外注印刷でクオリティーの高い印刷物を作成したい場合は、印刷物の目的やターゲットを明確にしておく必要があります。
目的やターゲットが決まっていない状態で外注印刷を依頼すると、作業開始後の方針が変わってしまい、納期が長くなってしまう可能性があるでしょう。
また、デザインや使いたいイメージ写真など素材がある場合は、業者にしっかりと提示してください。
ホームページの画像を提示すると、解像度や画像形式に問題があり、綺麗な仕上がりにならないことがあります。
文章なども注意が必要です。
誤字脱字があるとやり直し作業に時間がかかり、納期が遅れてしまいます。
業者にしっかりと説明し、共有することが大切です。
デザインが決まっていない場合は、手書きの絵などで正確にイメージを伝えると良いでしょう。
大まかでも視覚的にイメージを伝えると、業者と共有しやすいです。
プロの業者は希望しているイメージが大まかにでも分かれば、具体的なデザインを話し合いながら考えてくれます。
このように様々な注意点があります。
クオリティーの高い印刷物を作成するために、注意点を知った上で外注印刷を依頼してみてはいかがでしょうか。