ネット印刷のメリットとデメリットについて|ユニバーサルデザインや高品質バリアブル印刷は長英にお任せください

電話はこちらから
メールはこちら
CSR
グリーンプリンティング
JPPS
MUD

トップページ > 外注で印刷を依頼する際に知っておきたいこと > ネット印刷のメリットとデメリットについて

ネット印刷のメリットとデメリットについて

特徴を知ろう 特徴を知ろう

プリントを業者に依頼する際、ネット印刷は少し不安だと思っている人も多いのではないでしょうか。
担当者と対面で打ち合わせをすることもないため、仕上がりがイメージ通りになるのか不安になるものですが、様々なメリットがあります。
一つは、価格が抑えられることです。
予算を決めて依頼することが多いでしょう。
特に少部数の場合は、業者に依頼すると費用が高くなる傾向にありますが、ネットを活用すると少ない枚数でも安く発注をすることが可能です。
営業マンがいる会社と比較すると3分の1に抑えられることもあります。
また、納期が選べることもメリットとして挙げられます。
実店舗のある会社は、営業マンに確認する時間が必要だったり、依頼数の多さによって希望通りの納期が叶わないことも少なくありません。
急ぎであればコストを抑えられて納期が短いネットの方が、大きなメリットが得られるでしょう。
24時間発注することもできるため、デザインの完成が夜中になっても依頼できます。
営業マンを抱える会社は平日しか連絡が取れないことや、朝の9時から夜8時までと時間が制限されており、人的なストレスを抱えるケースもありますが、24時間発注できればストレスフリーです。
しかし、翌日の処理になる可能性もあるため注意してください。

利点ばかりではない 利点ばかりではない

営業マンを通さないだけで様々な利点がありますが、デメリットについても知っておかなければ失敗するかもしれません。
デメリットはデザインのアドバイスがもらえないことです。
印刷物に最適な素材や紙の厚みの相談ができないため、別途相談ができる人を確保しておかなければなりません。
また、入力ミスがあったとしても、そのまま印刷されてしまうといったデメリットもあります。
担当者がいれば念入りにチェックをして、依頼主が発見できなかったミスも探してくれますが、ネットの場合はフォローをしてくれる人がいません。
大量印刷でミスをすると、やり直しになって無駄な出費が発生するため、依頼する際は念入りに間違いがないか確認をしましょう。
このように、良い点もありますが欠点もあります。
特徴を理解した上で、上手に活用してみてはいかがでしょうか。